「心。」の気になる一文

更新日:2020年10月2日

アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。

本はどうやって購入していますか?

私の場合、仕事関係の本は、ほとんどインターネットで購入しますが、

仕事以外の本は、書店に行って、実際に手に取ってから購入します。

書店での時間は、本当に幸せな時間で、いつも名残惜しい気持ちで店を出ます。


さて、いろいろな書店の売り上げランキングで上位の

「心。人生を意のままにする力」稲盛和夫著 サンマーク出版

を読んでみました。

その中で心に残った一文。

「純粋で美しい心をもって事にあたるならば、何事もうまくいかないものはない。」


純粋で美しい心・・・・・

子どもと接していると、純粋で、まっすぐに向かってきてくれて、美しいと感じることがあります。

何事にも全力かつ一生懸命で、心動かされることがとても多い。


でも、それは子どもだけではありません。

一生懸命に、ただただまっすぐ前を見て取り組んでいる人を見ると、私も背筋を伸ばして、「見習わせてください。」という気持ちになります。

純粋で美しい心、そして強さと優しさを持っている人に憧れます。


0件のコメント

最新記事

すべて表示