【日々】紙とペンと一緒に・・・

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


久しぶりの更新です。

暫くブログの更新ができませんでした。

申し訳ありません。

あることで文章を書く機会があり、

パソコンではなく、

原稿用紙に向かっていました。


普段、業務ではパソコンを利用しているので、

自分で字を書く機会は少なく、

それはそれで不便を感じていませんでした。

しかし・・・・

字を書かないパソコン生活は、

漢字と、文章の書き方を、

忘れさせてしまうことに気が付きました。


パソコンだと、ひらがなを漢字に変換してくれます。

少し記憶があいまいな漢字でも、

変換と辞書機能で簡単に見つけ出すことができます。

でも、手書きだと、きちんと漢字を覚えていなければならず、

それが苦しく感じるほど、

なかなか字が出てきませんでした。

パソコン入力に慣れすぎていたことを痛感しました。


あと、パソコンだと入力した文章を自在に編集できますが、

手書きだと頭の中または下書きをして

文章を構築してから書かなければなりません。

ぱーっと書けば、あっさりとした味気ない文章になり、

じっくり考えると、長くて要点のわからない文章となる・・・・。

暫くの間、紙とペンと一緒に格闘していたのでした。


行政書士の業務は、文字に向き合うことが多いです。

でも、向き合う方法や手段が違うと、

学び直しが必要なのだと痛感しました。

ひと段落した今、これも良い経験だったと思っています。



~女性のための相続手続き・遺言・離婚協議書作成~

アイリス法務行政書士事務所へご相談ください

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応






0件のコメント

最新記事

すべて表示