【遺言】終活で大切なこと

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


昨日の読売新聞(2021年4月13日付)に終活についての記事が掲載されていました。

終活という言葉が広まり、以前感じていた「終活」という言葉に対するマイナスイメージがなくなってきました。

身の回りの整理、お葬式やお墓の準備など、オープンに話せたり相談できる環境が整ってきています。


女性のお客様でも、楽しそうに終活をされている方がいます。

これまでの人生を振り返り、身の回りの物を大切な人に譲ったり、思い出の品は残しておいたり・・・・とても良い時間を過ごしているように見受けられます。

そしてこのようなことができるのは、心も体も健康な時だけかもしれません。


終活カウンセラー協会への取材をもとにした「終活に大切な10のコト」もためになると思います。

こちらに引用させていただきます。


終活に大切な10のコト

1.「ありがとう」と言いたい人をリストアップする。

2.年に1度健康診断に行き、自分の体を知る。

3.過去に住んでいた場所など愛着のある土地を洗い出す。

4.自分のお金、物の現状を把握する。

5.家族、大切な人と1日3回以上話す。

6.自分の個性を書き出す。

7.「今」そして「未来」の人生に必要なものを選ぶ。

8.お葬式、お墓は元気なうちに考える。

9.毎年誕生日にエンディングノートを書く。

10.大切な人に「ありがとう」を伝える。



アイリス法務行政書士事務所では、エンディングノート作成のサポートもしております。

エンディングノートにどんなことを書けばいいの?

こんなことを書いてもいいのかしら?

など、どんなことでもご相談ください。

女性行政書士がサポートいたします。



~女性のための相続手続き・遺言・離婚協議書作成~

アイリス法務行政書士事務所へご相談ください

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応





0件のコメント

最新記事

すべて表示