【遺言・相続】相続人がいない場合は、相続財産は国庫に帰属する

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


今回は、「相続人がいない場合は、相続財産は国庫に帰属する」です。


相続人がいない場合の相続を考えてみましょう。

相続人がいれば、相続財産は相続人たちに相続されますが、

相続人がいなければ、

そして、

財産をどうするのか書かれた遺言書がなければ、

相続財産は、国庫に帰属します。


平成27年度は、420億円。

平成28年度は、439億円。

平成29年度は、525億円。

平成30年度は、627億円。

令和元年度は、603億円。


ここ数年だけでも、国庫帰属する遺産が増加しているのがわかります。

少子高齢化が影響していると言われており、今後も国庫帰属する遺産額は増えていくでしょう。



相続人がいない場合の対策とは?

相続人がいない場合は、対策をしておけば、国庫帰属となりません。

お世話になった方に遺贈する方法や、

関心を寄せている分野の公益法人に寄付をするという方法

などがあります。

その際は、遺言書を作成する必要があります。

どの財産を誰に、どこの団体に、どれだけ遺贈するか、寄付するか、

明確に、正確に書き残すことで、大切な財産を託すことができます。

その際は、確実に遺言内容を実現させるために、遺言執行者を指定しましょう。

遺言執行者は、行政書士などの専門家に任せると安心です。

どのような対策がお客様にとってベストか、お客様のお話をじっくりと伺います。

ぜひ当事務所にご相談ください。



~女性のための相続手続き・遺言・離婚協議書作成~

アイリス法務行政書士事務所へご相談ください

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応






0件のコメント

最新記事

すべて表示