【離婚】孫に会いたい!面会交流は認められる?

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


今回は、「孫に会いたい!面会交流は認められる?」です。



子どもは父母だけでなく、祖父母や兄弟姉妹など、周囲から愛情をたくさんもらいながら育つのが理想です。しかし、父母が離婚した場合、親権者ではない側の祖父母に孫が会うことは難しくなるケースが多いです。

父母の話し合いや合意により、祖父母にも孫との面会交流が行われることが一番良いのですが、感情的な問題や、祖父母が遠方に住んでいるなど、現実的には孫との面会交流は難しくなる場合が多いようです。



祖父母が孫に会う権利は、現在の法律では定められていません

①離婚時の話し合いで、祖父母の孫との面会交流をきちんと定めるか

②自分の子ども(離婚した父または母)が面会交流する中で、祖父母も孫と面会交流できるようにしてもらうこと

が一般的のようです。

孫との面会交流を実現するためには、父母の離婚の際に、祖父母側は孫と今後どのように接していくか考え、父母側に気持ちを伝えていくことが必要になるかもしれません。



~女性のための相続手続き・遺言・離婚協議書作成~

アイリス法務行政書士事務所へご相談ください

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応






0件のコメント

最新記事

すべて表示