【離婚】時間が経過した財産分与は有効か?

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


今回は、「時間が経過した財産分与契約は有効か?」です。


離婚の際に取り決める離婚協議書の項目に、財産分与があります。

大抵、離婚届を出す前に財産分与について取り決め、離婚成立後に財産分与を行います。離婚後に取り決めても良いのですが、実際には離婚前に取り決めることが多いです。



時間の経過した財産分与

協議離婚の前に、財産分与について取り決めをしても、事情があって、すぐには離婚届を出さない、または出せない場合もあるでしょう。

時間が経過した財産分与契約は有効なのか気になるところですが、内容に妥当性が認められれば、離婚成立後に財産分与契約は効力を生じます。

しかし、長い時間が経過し、その間に新たな財産が見つかるなど状況が変化した場合には、以前の財産分与契約を取り消し、変更することができると解されています。



離婚しなかった場合は?

では、財産分与契約を取り決めても、離婚しなかった場合にはどうなるのでしょうか?

財産分与契約は解約されたものとみなされて、効力を生じないとされています。



財産分与の取り決めをしたら、協議書を作成

離婚の取り決めをしたら、離婚協議書・できれば離婚公正証書を作成することをお勧めします。

口約束やメモだけですと、トラブルのもとになります。取り決めた内容は、双方がいつでも確認できるように協議書としてまとめ、各自が1通ずつ保管しましょう。



相続手続き・遺言・離婚協議書作成のことなら

アイリス法務行政書士事務所へ! >

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応





0件のコメント

最新記事

すべて表示