【離婚】有責配偶者からの離婚請求は認められるのか?

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


今回は、「有責配偶者からの離婚請求は認められるのか?」です。



基本的には認められない

不貞行為などをし離婚原因を生じさせた配偶者側(有責配偶者)からの離婚の請求は、原則として認められません



認められる場合もある

協議離婚が難しい場合は、調停離婚や審判離婚、裁判離婚の手続きを利用することになります。

その時に、


別居期間が相当長期間にわたる

② 未成熟子がいない

③ 相手方配偶者が、離婚により精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状況におかれるなどの事情がない


このような場合には、有責配偶者からの離婚請求も認められる場合があります。



~女性のための相続手続き・遺言・離婚協議書作成~

アイリス法務行政書士事務所へご相談ください

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応






0件のコメント

最新記事

すべて表示