【離婚協議書】離婚協議書に載せたい7つのこと

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


今回は、「離婚協議書に載せたい7つのこと」です


離婚をする際に、親権や養育費のこと、そして財産分与や年金分割など今後の生活に大切なことを、離婚をする当事者双方で取り決めをします。そして、取り決めた内容を離婚協議書に記載します。では、どのように話し合い、離婚協議書にはどのようなことを載せればよいのでしょうか?

そこで、離婚協議書に載せたい7つのポイントを挙げました。



離婚協議書に載せたい7つのこと

1、 子どもがいる場合は、親権者は誰なのか、監護権者はどうするか、別居親と子どもとの面会交流をどう行うか

2、 子どもの養育費をいつまで、どのように支払うか

3、 財産分与の方法、慰謝料をどのようにいつまでに支払うか

4、 年金分割の際の分割比率をどうするか

5、 養育費や財産分与・慰謝料などの金銭が期限までに支払われない場合の措置はどうするか

6、 将来の生活や環境が変化したときの協議について

7、 受け取る側の義務や支払う側の権利などにも触れる



以上の7つのポイントに注意して話し合い、離婚協議書を作成しましょう。

そして、公正証書を作ることも検討してください。費用がかかるのではないか等の不安があるかもしれませんが、公正証書を作ることにより、万が一の時には強制執行が可能など(強制執行認諾条項付きの場合)、将来の生活に安心感が得られます。

アイリス法務行政書士事務所では、離婚公正証書作成のサポートを行っています。公正証書作成の際は、一人一人に合った公正証書作成を得意とする当事務所へぜひご相談ください。



相続手続き・遺言・離婚協議書作成のことなら

アイリス法務行政書士事務所へ!

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応




0件のコメント

最新記事

すべて表示