【離婚協議書】養育費の始期と終期はいつ?

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。

今回は、【離婚協議書】養育費は何歳まで請求できるかについてです。


養育費の始期は?

養育費の始期は、多くの場合、一方の親が子どもを引き取り、別居を開始した時や、離婚をした時から、請求することができます。



養育費の終期は?

では、養育費の終期はいつでしょうか。

養育費の終期は、各家庭や子どもの状況によりさまざまですが、一般的には「子どもが扶養を要しない状態になったとき」を終期と設定します。「子どもが成人した時」と終期を設定する場合もありますし、現在は、大学を卒業した親の増加や子どもの大学進学希望の増加などにより、「4年制大学を卒業する年度の3月まで」とする場合も多くなりました。

この養育費の終期は、協議離婚の場合は、父母の話合いにより決められます。



相続手続き・遺言・離婚協議書作成のことなら

アイリス法務行政書士事務所へ!

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市などの多摩地域対応




0件のコメント

最新記事

すべて表示