おひとりさま終活

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。

昨日から今日にかけて、雪の予報でしたが、思ったほど雪は積もらず・・・。

冷たい雨の一日のようなので、体調にはお気を付けくださいね。


さて、今日はよく目にする「おひとりさま終活」についてです。


未婚率の上昇や、一人で暮らしている方などが増加しています。

2020年に全世帯の3割強が単身世帯となる見込みだそうです。

10人のうち3人が一人暮らし、ということになります。


そういう流れを反映して、独りでも心配ないようにと、

「おひとりさま信託」が三井住友信託銀行から発売されました。

預かった財産を遺言に従って分配することはもちろん、

スマートフォンやパソコンに保存されているデータを消去したり、

ペットの譲渡なども請け負ってくれるそうです。

本来なら家族などがやってくれることを、信託銀行が請け負ってくれるのですね。


その一方で、「遺贈」で財産を譲る方もいらっしゃいます。

「遺贈」とは、遺言で自分が指定した相手に財産を譲る方法です。

自分が賛同する団体に寄付をしたり、

災害支援に役立ててほしいと寄付したり、

個人の人生観を反映して、様々な寄付の形があるようです。


ただ、遺贈も信託も注意していただきたいことは、

きちんとした遺言書を作らなければいけないことです。

形式に不備があれば無効となりますし、

紛失してしまえば、遺贈すること自体が難しくなります。


遺言の種類には、自筆証書遺言や公正証書遺言などがあります。

自分にはどの方法が良いのか、

また、遺贈だったら、寄付の相手方は寄付を受け入れてくれるのかなど、

充分に時間をかけて検討する必要があります。





0件のコメント

最新記事

すべて表示