コロナの影響を受けた賃貸借契約Q&A

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。

新型コロナによる緊急事態宣言が解除されました。

3密を避けたり、いろいろなことに気を付けながら、少しずつ生活を回そうとされていると思います。


法務省が、新型コロナウィル影響を受けた賃貸借契約の当事者の皆様へとして、賃貸借契約についての基本的なルールをまとめました。


新型コロナウィルスの影響で収入が減少し、家賃の支払いが難しくなった場合の減額交渉や支払い猶予は?等がQ&Aで記載されています。



新型コロナウィルス感染症の影響を受けた賃貸借契約の当事者の皆様へ(法務省)



大家と交渉する際には役立つ内容だと思います。ご覧ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東京都国立市、立川市、府中市などの多摩地域対応

アイリス法務行政書士事務所

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



0件のコメント

最新記事

すべて表示