レジ袋有料化が義務付けられます

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。

2020年7月1日から、全国の小売店でレジ袋の有料化が義務付けられます。

毎日の生活で買い物は欠かせないので、もうご存じの方も多いと思います。

身近なところではコンビニやドラッグストア、そしてデパートや衣料品店など有料化の対象となっています。


対象となる袋は、持ち手のついたプラスチック製の袋。


一方で、対象とならない袋もあります。

・スーパーのお惣菜や生鮮食料品を入れる袋

・紙袋

・布袋

・海で分解される生分解性プラの袋

・植物由来のバイオマス素材の配合率が25%以上の袋

・0.05ミリ以上の厚さがあるプラ製の袋


外食チェーンの一部は、食品を扱うために衛生面を重視したり、また会計の際に店内業務が混乱してしまうことを避けるために、2020年7月1日以降でも環境配慮型の袋を無料で提供するところもあります。

私の故郷には海があります。

帰省するたびに海に行くのですが、浜辺には流木と一緒にたくさんのビニール袋や発泡スチロール容器が流れ着いています。

どこから流れてきたのかわかりません。

でも、どこかでどなたかが捨ててしまったものです。

魚や鳥がそれを餌と間違えて食べてしまっているかもしれません。

レジ袋は、廃プラ総量の約2%と言われています。

たった2%かもしれません。

でも、この2%が減ることで、環境も私たちの意識も、随分変わるのではないかと思います。



相続手続き・遺言・離婚協議書作成のことなら

アイリス法務行政書士事務所へ!

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市などの多摩地域対応



0件のコメント

最新記事

すべて表示