気分転換のすすめ

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


この頃、「コロナ離婚」という言葉を、

ネットニュースや新聞で目にするようになりました。


新型コロナ感染症における外出自粛の影響で、

家族で自宅で過ごす時間が増えています。

いつも顔を合わせている夫婦でも、

長時間、同じ場所で、ふたりで、

制限のある中で生活することは難しいのです。

相手が思うように動いてくれないと、

不満に思ってしまうこともあると思います。


自分の気分転換方法を持っていると良いのですが、

在宅勤務や、乳幼児がいれば、

そう簡単には気分転換できませんよね。


このような時は、ほんの少しでも隙間時間をみつけて、

自分のためだけに、その時間を使うのがいいと思います。

5分でも10分でも、好きな本を読んでみたり、

友達に連絡を取ってみるのもよいかもしれません。

私は、家族が寝ている早朝に起きて、

自分の時間を持つようにしています。

静かで集中できて、勉強も仕事も捗ります。

美味しいスイーツやネットショッピングなど、

自分へご褒美を与えるのもいいと思います。

とにかく、気持ちを全く違う方向へ向けるのです


あと、パートナーの生活ペースに必要以上に介入しない配慮も必要かもしれません。

不平・不満が沸き上がってきても、

片目をつぶって、

時には両目をつぶる。


新型コロナの影響で、各国からDV件数の増加が報告されています。

これは日本でも例外ではないと思います。

ささいな夫婦喧嘩からDVに発展することもあります。

子どもの前で夫婦喧嘩をし暴言を吐くことは心理的虐待にもなります。


そういう事態を避けるためにも、

心が楽になるよう工夫して生活をしたり、

どうにもならない時には、

気軽に相談できる人に電話してみましょう。

案外、深刻に悩んでいることも、

多くの人が同じような経験して、乗り越えているのかもしれません。



東日本大震災の際、

当事務所では多くの離婚相談の問い合わせがありました。

このような非常のときに、

家族や夫婦、そして自分の力が試されるのかもしれません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相続・遺言・離婚協議書作成のご相談は

アイリス法務行政書士事務所へ。

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

立川市、国立市、府中市などの多摩地域対応

お問い合わせフォームはこちらです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




0件のコメント

最新記事

すべて表示