身近な人を大切にできるように。


東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。

朝は雨がぱらっと降りましたが、晴れ間が広がってきました。

しばらくは暖かい日が続くようですね。


2020年2月6日の読売新聞に、

「児童虐待 最悪9.7万人」

の見出しがありました。


この9.7万人とは、児童虐待の疑いがあるとして全国の警察が昨年1年の間に児童相談所に通告した18歳未満の子どもの数です。

統計を取り始めて以来、初めて9万人を超えたそうです。


また、ドメスティック・バイオレンスに関する警察への相談や通報などの件数は、

8.2万件。

DV防止法の施行以降、最多を更新しました。


その一方で、刑法犯(路上強盗や自転車盗など)の認知件数や、

ストーカーの相談件数は減少しています。



この統計を見て、

家族や一番近くにいる身近な人を、

大切にできなくなってきている傾向が感じられます。



子育てをしている年代、仕事に没頭している年代では、

忙しさのあまり、心の余裕を失いがちです。

自分のことは後回しで、目の前のことにエネルギーを注がなければ、

すべてうまく回らない。

だから無理に頑張る。

そして、どんどん自分が疲弊していってしまいます。


だからこそ、

意識して自分の心を見つめたり、

リラックスする時間を、忙しい中でも作り出す必要があります。

外部のサービスを利用したり、上手にストレス発散したり、

いろいろ試行錯誤して、心地よく生活できる方法を探してください。

そして、自分のために、心のゆとりを取り戻しましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

相続・遺言・離婚協議書のご相談なら

アイリス法務行政書士事務所までご相談ください。

立川・国立・府中などの多摩地区対応

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





0件のコメント

最新記事

すべて表示