​​遺言執行者とは

森林
 

遺言書を書いた方が良いケース

遺言執行者とは、遺言書に記載されている内容を実現するために必要な手続き等、遺言の執行に必要な一切の行為をする権限のある者をいいます。
必ず遺言書の中で遺言執行者を決めなければならないという訳ではありません。
しかし、・確実に遺言内容を実行したい・相続手続きをスムーズに行いたいという方は、遺言執行者を指定しておくと、遺言執行者が相続人らを代表して手続きを行うので、大幅に手間や時間を省けます。

 

遺言執行者だけができることとは?

遺言書のなかの執行行為を必要とする事項には、遺言執行者のみが執行できる事項と、遺言執行者または相続人が執行できる事項があります。

​①遺言による認知、②相続人の廃除または廃除の取り消しについては、遺言執行者のみが執行できるとされています。もし遺言書の中でこれらの内容の文言があるにもかかわらず、遺言執行者の指定または指定の委託がない場合には、家庭裁判所に遺言執行者選任の申立てを行わなければなりません。

 

遺言執行者を指定しても、強制はできない

遺言書の中で遺言執行者に指定されたからといって、その者が遺言執行者に就任するかどうかは、その者の自由意志によるとされています。ですから、遺言執行者の就任を拒否される可能性もありますし、遺言執行者に就任するように強制をすることもできません。

そのような事態を避けるためにも、遺言者から遺言執行者への就任の依頼をして、事前に了解を得ておくと良いでしょう。

 

遺言執行者は信頼できる方に依頼を・・・

遺言執行者は未成年者や破産者を除けば誰でもなれます。
相続人、受遺者も遺言執行者になれますが、余計な争いを避けるためにも、できれば利害関係のない信頼できる第3者に依頼した方が良いと言われています。
また、法律の知識を必要とする場面もあることから、専門家に依頼すると安心です。