【法律】戸籍の氏名に読み仮名が記載される?

東京都国立市 アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。


今回は、戸籍の氏名に読み仮名が記載される?です。



現在の戸籍には・・・

戸籍には、氏名に読み仮名が記載されていません。

出生届には氏名の「よみかた」を書きますが、

戸籍にはその「よみかた」が記載されていませんでした。



これからは氏名に読み仮名のある戸籍に

法務省は、4月6日、氏名の読み仮名を戸籍の記載事項とするため、2023年の通常国会までに、戸籍法改正案などの関連法案を提出する方針を明らかにしました。

2024年から海外に転出後もマイナンバーカードが利用できることになり、それに伴い氏名のローマ字表記を可能にするための措置とのこと。


今まで、戸籍謄本を目にする機会は多くありましたが、読み仮名がないことに、あまり気をとめていませんでした。

でも、実際には、読み方がはっきりとわからない名や、漢字と読み方が違う名、読み方が個性的な名がたくさんあります。

読み仮名が記載されていれば、事務手続き等で間違えることも少なくなるでしょう。



~女性のための相続手続き・遺言・離婚協議書作成~

アイリス法務行政書士事務所へご相談ください  

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市、昭島市などの多摩地域対応






0件のコメント

最新記事

すべて表示