歩きスマホはだめ?

東京都アイリス法務行政書士事務所の加藤貴世です。

「あ!あぶない!」

と思ったことはありませんか?


スマートフォンを見ながら歩いていたら、車とギリギリのところですれ違ったり、自転車と接触しそうになったり・・・。

意識がスマホに集中してしまい、周りの状況が見えていないことがあります。


そうしたことから起こる事故を防ぐために、神奈川県大和市では、歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」を禁止する条例案を6月定例市議会に提出し、可決されれば、令和2年7月1日から施行されるそうです。

道路や公園、駅前などでスマホを操作するときには、通行の妨げにならない場所で、立ち止まった状態で行わなければならない、と規定されます。

この規定、当たり前のことを言っている。

そう思うかもしれませんが、急いでいたり、ちょっとくらいなら、という気持ちで、歩きながらスマホを見ている方は本当に多いですね。

私も含めて、改めて考え直さなくては、と思っています。

こうした大人の姿を見て、子どもたちも同じように真似をします。

この条例では、歩きスマホに対する罰則はありませんが、歩きスマホが減少するといいですね。



遺言・相続・離婚協議書のことなら

アイリス法務行政書士事務所へ!

女性行政書士が丁寧に対応いたします。

東京都国立市、立川市、府中市、国分寺市、調布市、日野市、八王子市、昭島市、東村山市、武蔵村山市、小金井市、小平市、多摩市などの多摩地域対応




0件のコメント

最新記事

すべて表示