​相続人の範囲

家族の時間
 

​誰が相続人なのか?

戸籍上の配偶者は常に相続人になります。

そして、配偶者以外の血縁者がいる場合には、

  •  子供

  •  父母(直系尊属)

  •  兄弟姉妹

の順位で、配偶者とともに相続人になります。

先順位の人がいれば、後順位の人は相続人になれません。



相続人が配偶者だけの時は、配偶者のみ相続人となります。

配偶者がいない時には、

  •  子供

  •  父母(直系尊属)

  •  兄弟姉妹

の順番で相続人となります。

先の順番の人がいれば、後の順番の人は相続人になれません。


相続権のある人が、相続人よりも前に既に死亡している場合、その下にいる人(直系卑属)が代わりに相続します。

これを「代襲相続」といいます。

例えば、子供が亡くなっている場合は、その孫・ひ孫に相続されます。しかし、兄弟姉妹が亡くなっている場合は、甥姪までの一代限り相続されます。父母がいない場合は、その祖父母に相続されます。

 

その他の相続に関する解説ページ

こちらも併せてご覧ください。

 

お問い合わせ

アイリス法務行政書士事務所にとって、お客様のご満足が第一です。
ご質問、ご相談など、皆様からのご連絡をお待ちしております。
ぜひお気軽にお問い合せください。
※メール無料相談をご利用の際は、メッセージ欄に【無料相談メール】とご入力ください。

送信が完了しました。